世界チョコレートフェスティバル / 茨城県水戸市

チョコレート・スイーツレシピ・コンテスト(2022年)

最終審査結果発表!

第7回目となる「チョコレート・スイーツレシピ・コンテスト」の実食審査は、2022年3月17日に中川学園調理技術専門学校実習室にて開催致しました。
茨城県洋菓子協会役員、世界チョコレートフェスティバル実行委員会メンバー、マスコミ各社の記者など、専門家から一般の様々な視点で厳正かつ公平に審査させて頂きました。

審査の様子
審査の様子

審査員のご紹介
●中川純一・・・学校法人 中川学園調理技術専門学校 理事長
●根本高行・・・茨城県洋菓子協会 会長(洋風笠間菓子グリュイエール オーナー)
●小齊俊史・・・茨城県洋菓子協会 副会長・技術部長(パティスリーKOSAi オーナーシェフ)
●岩佐祐司・・・茨城県洋菓子協会(シュール洋菓子店ミガワ オーナー)
●星野由美子・・・ジャズヴォーカリスト&ピアニスト
●高木真矢子・・・水戸経済新聞
●新妻則夫・・・茨城県菓子工業組合(菓匠にいつま)
●安藤和彦・・・(株)明治
その他、各社マスコミ記者、チョコレートフェスティバル実行委員会等

最優秀レシピ賞(洋菓子部門)

梅花チョコチップス

「梅花チョコチップス」 石塚彩佳 様

最優秀レシピ賞(和菓子部門)

栗きんとんショコラ

「栗きんとんショコラ」 成田純子 様

優秀レシピ賞

笠間和栗のトルタカプレーゼ

「笠間和栗のトルタカプレーゼ ~爽やかな柑橘のクリームと~」
松永英之 様

味噌梅ぷりん~ざくとろりーね~

「味噌梅ぷりん~ざくとろりーね~」
上妻佑輔 様

以上4名様の作品が、今回のコンテスト受賞作品と決定いたしました。
受賞された皆さま、誠におめでとうございます!

その他の作品紹介

その他にも、茨城県をはじめ水戸市をイメージし、斬新な発想から生まれた素晴らしいオリジナルレシピを多数ご応募頂きました。全国各地より、ご応募頂きました皆さまに、改めて深く感謝を申し上げます。
このコンテストから、いつの日か全国的なヒットの可能性を秘めたスイーツが誕生することを願っております。商品化の企画も実行委員会では募集しておりますので、ご検討頂けるスイーツ店様や企業様などございましたら、ぜひ、ご相談をお待ちしております。

ここで実食審査へ進出した皆さまの作品をご紹介させて頂きます。

水戸の夜景ショコラ

「水戸の夜景ショコラ」

杏仁香る!クコの実トリュフ

「杏仁香る!クコの実トリュフ」

ハーフベイクショコラ ーオセロー

「ハーフベイクショコラ -オセロ-」

さつまいもとレーズンのショコラキューブケーキ

「さつまいもとレーズンのショコラキューブケーキ」

見てこの断面☆水戸棒(みとばー)

「見てこの断面☆水戸棒(みとばー)」

れんこんチョコ餅

「れんこんチョコ餅」

チョコっとほっこり 焼きいもまんじゅう

「チョコっとほっこり 焼きいもまんじゅう」

講評

審査員からの総評と作品別のコメントです。


●中川純一
<個別コメント>
「栗きんとんショコラ」・・・栗の風味がしっかりと感じられて、とても美味しい和菓子といった印象でした。
「水戸の夜景ショコラ」・・・食感やチョコレートの風味のバランスの良さと非常にレベルが高く感じました。
「ハーフベイクショコラーオセロー」・・・食感やチョコレートの風味のバランスの良さと非常にレベルが高く感じました。
「さつまいもとレーズンのショコラキューブケーキ」・・・見た目と使った食材のバランスの良さが印象的で、とても美味しく感じました。
「チョコっとほっこり焼きいもまんじゅう」・・・さつまいものアクセントがあり、美味しい和菓子と言う印象です。もう少しチョコの風味を感じられればと思いました。


●根本高行
<総評>
素材として「栗」が多く選ばれたことを嬉しく感じました。
どの作品にも言えますが、もっと細部に手直しを加えて行くと売れる商品になって行くと感じました。

<個別コメント>
「栗きんとんショコラ」・・・しっかりと栗の味があり、美味しく感じました。
「味噌梅ぷりん~ざくとろりーね~」・・・発想とバランスが良いと感じました。
「杏仁香る!クコの実トリュフ」・・・味が優れていると感じました。
「ハーフベイクショコラーオセロー」・・・チョコのしっかりとした味・風味が整っていました。


●小齊俊史
<個別コメント>
「梅花チョコチップス」・・・レンコンの油っこさを消して、さらにもっとカリカリ・サクサク感を出すために、 油で揚げた後に、さらにオーブンで焼いてからチョコを加工するなど、ひと手間を加えるとさらにレベルが上がると感じました。例えば、レンコンは米油を使って素揚げにした後にオーブンで焼くなどをすると油っこさは軽減できると思います。 レンコンにチョコレートの組み合わせが今までにない発想で、この点がシンプルながら評価が高かったポイントです。
「栗きんとんショコラ」・・・栗の風味が感じられて、味のバランスも良く今までにない発想が評価が高いポイントになりました。
「笠間和栗のトルタカプレーゼ ~爽やかな柑橘のクリームと~」・・・グルテンフリーの視点と発想が高い評価に値する内容に感じました。日本人向けに、もう少しシットリ感が出れば更に良い食感になると感じました。
「味噌梅ぷりん~ざくとろりーね~」・・・プリンの下の部分をナパージュではなく、他の素材を使っても良かったと感じます(ゼラチンやペクチンなど)。味噌とチョコのプリンという発想は面白いと感じました。
「水戸の夜景ショコラ」・・・非常にバランスが良く完成度が高く仕上がっていました。食べたバランスや味だけで審査するなら、一番良い印象でした。ただ茨城県や水戸に関する食材を使ってないのが上位入賞にならなかった要因で残念なポイントでした。
「杏仁香る!クコの実トリュフ」・・・杏仁風味をもう少しビター系に変えると、味の印象がガラリと変わると思います。油脂を工夫して口解け感と滑らかさをもっと引き出せれば、完成度がさらに上がると感じました。
「ハーフベイクショコラ -オセロ-」・・・エアインチョコレートを使った工夫も評価出来ましたが、普通のチョコレートを使ったタイプの試してみると面白いと感じました。味の好みが分かれてしまう点が少々残念なポイントで、食べやすいサイズ(厚さを薄く)にしても良いかと感じました。
「さつまいもとレーズンのショコラキューブケーキ」・・・見た目が面白く、商品化した場合には手に取って買いたくなる商品と感じます。惜しいのは、さつまいもにもうちょっとしたひと工夫があると印象が変わると思います。”さつまいもの甘納豆”を使っているので、甘さが強く出過ぎてしまう印象です、”干し芋”などに変えて甘さのバランスを変えると風味も変わり面白いかと感じます。
「見てこの断面☆水戸棒(みとばー)」・・・梅クリームの発想は素晴らしいですが、酸味が苦手な方も多い点を考慮すると、もう少し酸味を控え目にしてビスケット生地とのバランスを整えると更に良い印象に変わると思います。
「れんこんチョコ餅」・・・見た目が漬物のような印象で面白いと感じました。レンコンを使ったアイディアは素晴らしいですが、味のバランスをもっと整えると良くなると感じました。
「チョコっとほっこり 焼きいもまんじゅう」・・・見た目やパッケージは可愛く素晴らしいです。さつまいものバランスも良くとても美味しいのですが、それが逆に印象に残らなくなってしまっているのが残念なポイントです。


●岩佐祐司
<総評>
茨城県の食材を活かした作品と、そうではない作品で点差が開いた印象です。
チョコレート、茨城県産食材と双方のバランスを考えた作品が今後も出て来ることを期待します。

<個別コメント>
「梅花チョコチップス」・・・甘じょっぱいを活かし、茨城産のレンコンを活かしてシンプルなスイーツですが、そのシンプルさが非常にポイントが高く感じました。
「れんこんチョコ餅」・・・他の和菓子と比べてチョコの風味が深く、印象に残りました。


●星野由美子
<総評>
全国からのチョコレートレシピ、皆さまとても心がこもっているのが伝わりました。見た目からも食べた瞬間の美味しさが伝わって来ました。夢のあるチョコレートスイーツをありがとうございます。
プロの方の審査により、販売ラインに乗せられるかという視点は、レシピ考案者にとっても、とても励みになると思います。
ネーミングやパッケージ、ご当地性なども盛り込まれた作品たちなので点数の項目を細分化しても面白いかと感じました。(例えば・・・ネーミング・パッケージ・ご当地性・見た目・食感などの各点数)

<個別コメント>
「水戸の夜景ショコラ」・・・良い意味で見た目を裏切る食感が良かった。もう一口食べたくなります、またネーミングも秀逸です。


●高木真矢子
<総評>
水戸や茨城県の要素が少しでも入ると尚良い印象になります。

<個別コメント>
「杏仁香る!クコの実トリュフ」・・・杏仁の風味がとても良く、印象に残りました。クコの実との相性も良く、食感も楽しめました。女性受けが良いスイーツになると感じました。


●新妻則夫
<個別コメント>
「栗きんとんショコラ」・・・味のバランスが良く、食感も良く、美味しいと感じました。強いてあげれば、もうちょっとチョコレート感があっても良いと感じました。
「笠間和栗のトルタカプレーゼ~爽やかな柑橘のクリームと~」・・・柑橘のジャムクリームと合わせて食べるなど、当店でも取り組みたいアイディアに感じました。味もバランスが良く美味しいです。


●安藤和彦
<総評>
どの作品もメーカーでは、思いもつかない組み合わせ・アイディアがあって美味しく感動しました。チョコレートの無限の可能性を改めて教えて頂きました。ありがとうございます。
<個別コメント>
「見てこの断面☆水戸棒(みとばー)」・・・ビスケットとチョコレートのバランスの良さ、チョコレートに梅という斬新な組み合わせで、かつ梅のほのかな甘みが感じられて美味しかったです。
美味しさ+実現性+地元の商品を使ったレシピと考えるとバランスが良く感じました。