世界チョコレートフェスティバル / 茨城県水戸市

チョコレート・スイーツレシピ・コンテスト

最終審査結果発表!

第6回目となる「チョコレート・スイーツレシピ・コンテスト」の実食審査は、2021年3月16日に中川学園調理技術専門学校実習室にて開催致しました。
茨城県洋菓子協会役員、世界チョコレートフェスティバル実行委員会メンバー、マスコミ各社の記者など、専門家から一般の様々な視点で厳正かつ公平に審査させて頂きました。

審査の様子
審査の様子
審査の様子

審査員のご紹介
●中川純一・・・学校法人 中川学園調理技術専門学校 理事長
●根本高行・・・茨城県洋菓子協会 会長 (洋風笠間菓子グリュイエール オーナー)
●小齊俊史・・・茨城県洋菓子協会(パティスリーKOSAI オーナー)
●岩佐祐司・・・茨城県洋菓子協会(シュール洋菓子店ミガワ オーナー)
●横田晋一・・・(株)マルト商事(商品開発室 取締役)
その他、各社マスコミ記者、チョコレートフェスティバル実行委員会等

最優秀レシピ賞

福来みかん香る、さつまいもとホワイトチョコのチーズケーキ

「福来みかん香る、さつまいもとホワイトチョコのチーズケーキ」
松永英之 様

優秀レシピ賞

青梅フロマージュ・ショコラ

「青梅フロマージュ・ショコラ」
砂見枝里奈 様

大人のチョコバナナ

「大人のチョコバナナ」
藤田雄佑 様

以上3名様の作品が、今回のコンテスト受賞作品と決定です。
受賞された皆さま、誠におめでとうございます!

作品紹介

その他にも、茨城県をはじめ水戸市をイメージし、斬新な発想から生まれた素晴らしいオリジナルレシピを多数ご応募頂きました。
全国各地より、ご応募頂きました皆さまに、改めて深く感謝を申し上げます。
このコンテストから、いつの日か全国的なヒットの可能性を秘めたスイーツが誕生することを願っております。
商品化の企画も実行委員会では募集しておりますので、ご検討頂けるスイーツ店様や企業様などございましたら、ぜひ、ご相談をお待ちしております。

その他、実食審査へ進出した皆さまの作品をご紹介させて頂きます。

もっちりプチホワイトチョコシュー

「もっちりプチホワイトチョコシュー」

小粒ほしいもチョコ

「小粒ほしいもチョコ」

免疫力アップ!生姜香る黒にんにくとほうれん草のチョコケーキ

「免疫力アップ!生姜香る黒にんにくとほうれん草のチョコケーキ」

焼き納豆ショコラ

「焼き納豆ショコラ」

ビスキュイ・梅・ショコラ

「ビスキュイ・梅・ショコラ」

雪中梅

「雪中梅」

ピーツとストロベリーの春色パウンドケーキーハートの干し芋をちりばめて

「ピーツとストロベリーの春色パウンドケーキーハートの干し芋をちりばめて」

梅チョコスイートポテト

「梅チョコスイートポテト」

茨城の石畳チョコ

「茨城の石畳チョコ」

干し芋入りチョコレートボール

「干し芋入りチョコレートボール」

マカロンショコラベリー

「マカロンショコラベリー」

講評

地元である茨城産の農産物を使った作品が多い印象でした。
その農産品が強く(風味など)、チョコレート色が薄い作品や、逆に素材の味わいとマッチしたものと極端な作品が目立ちました。

チョコレートをコーティングのみに使った作品が多い印象でした。
チョコレートの使い方を更に工夫をすると、いろいろな風味が生み出されると思いますので、どんどんチャレンジを期待しております。

応募者が全国に広がって来て、チョコフェスの今後の波及効果にも期待が持てました。

今回のコンテストでは、「芋」を使った作品が多数寄せられました。
「芋」そのものをもっと美味しく食べられる下ごしらえを行うことで、もっと美味しく仕上げることが出来ます。
生クリーム・ラム・ジンなどで味を整る工夫をぜひお試しください。

毎回参加して頂ける方、プロの方などバラエティに富んだ内容で毎回楽しく感じます。
実際に商品化となると、価格面まで考慮する必要があるので難しい部分もあるのが悩ましいところです。
しかし、毎々アイディアが素晴らしく、茨城からヒット商品として売れて行く商品の可能性を感じさせてくれます。


下記は、印象に残った作品別の審査員からのコメントです。


●「雪中梅」
水戸市らしさが特に出ていて商品化のイメージが非常にしやすい印象です。素材を様々なものに変えてみてバリエーションの広がりも楽しく感じました。大きさ、色、梅の香りもバランスが良く、このままお土産として商品化も可能な印象でした。

●「小粒ほしいもチョコ」
大人向けのスイーツという印象で完成度が高いです。

●「梅チョコスイートポテト」
好みが分かれるかと思いますがアイディアが珍しいです。

●「茨城の石畳チョコ」
ホワイトチョコとクリームチーズがしっとりとした食感の作品に仕上がり、良い印象でした。

●「もっちりプチホワイトチョコシュー」
素材の美味しさが生きていて風味が良かったです。

●「福来みかん香る、さつまいもとホワイトチョコのチーズケーキ」
福来みかんの爽やかな風味とホワイトチョコのチーズケーキが 非常に上品にマッチした仕上がりになっていて、アイディアも素晴らしく審査員のほぼ全員が高得点となりました。さらに工夫を加えることで、今後の商品化に期待したい作品です。

●「大人のチョコバナナ」
製造工程をシンプルにして、家庭で手軽に作れるスイーツにしてみたくなります。