世界チョコレートフェスティバル / 茨城県水戸市

実行委員長のご挨拶

実行委員長 中川 純一

総務省品目別家計調査にて世帯あたりのチョコレート購入額が全国第1位、そしてケーキ購入額が全国1位の各実績を持ち、豊かな食文化を育んで来た側面を持つ水戸市。
2012年にこれらの特徴を絡め、当初は東日本大震災からの復興イベントとしてスタートしたMITO世界チョコレートフェスティバルも、節目となる10回目の開催を迎えることになりました。

開催を重ねるごとに様々なイベント内容を企画し、地域の皆さま方に楽しんで頂きながら成長し、毎年2月のバレンタイン・シーズンには「水戸のチョコレートの季節」というイメージで地域の風物詩となるイベントになったと感じ、地域経済の活性化に微力ながら貢献して来たと感じます。
ここから派生したイベント「チョコレートスイーツ・レシピコンテスト」では、「水戸」をイメージした毎回斬新な発想から生み出されるオリジナル・スイーツが全国各地から寄せられ、商品化に向けた企画も現実のものとなりつつあります。
またイベント開催の趣旨であるチョコレート文化を通じての「ノーマライゼーション」の実現も継続して取り組んで行く所存です。

前回開催は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大から、開催が危ぶまれました。
しかし、参加協力を頂く各協賛企業様のご尽力により、継続しての開催が実現しました。
今回も感染症の脅威に負けることなく、水戸市の食文化及びチョコレート文化の発展へ向けて力強いメッセージを発信して行きたいと考えております。

今回も関係各位の皆さまから、これまで以上のご協力をお願い申し上げます。

MITO世界チョコレートフェスティバル 実行委員長
中川 純一

中川 純一