世界チョコレートフェスティバル world chocolate festival

実行委員長のご挨拶

チョコレートはカカオ豆から作られます。
カカオの木は、赤道直下、一定の高温、湿度、そして各種の菌が繁殖するジャングルの環境の中でしか育ちません。カカオは、豊かな自然の恵みの象徴なのです。

中米のマヤ文明で高貴な人々に愛飲されたカカオは、16世紀の大航海時代にヨーロッパへ渡って次第に大衆化し、ココアとして飲まれました。やがて、人の知恵と工夫により、チョコレートという菓子になりました。

万人に愛されるチョコレートは、虫歯になる、太る、鼻血が出るなどの誤解を超えて、今では、血圧やコレステロール降下作用、血管拡張作用、老化防止効果などの健康増進作用があると見直されています。

 

水戸というまちは、総務省統計局家計調査品目別調査(平成17~19年)によると、世帯あたりのチョコレート購入額が全国第1位になったところです。ケーキの購入額も全国1位になっており、豊かな食文化の土地柄です。

水戸には、多くの和菓子洋菓子のお店があり、そこで創作活動をしているのが、県内の知的障がい者支援学校を卒業した子供たちです。

教育・福祉・雇用において、まだまだ未整備な法律の中で一生懸命に活動している障がいがある人が、その有する能力や適性に応じ自立した日常生活、又は社会生活を供与する支援のきっかけとなるチャリティーイベントと考えております。

 第1回は、大震災からの復興を目指し、多くの若い力、優しい力、強い力を頂き、負けない力強い水戸をアピール出来たと自負しておりますが、第2回・3回目からは、その力を「ノーマライゼーション」という障がい者の自立支援に向け、障がい者の日常生活及び社会生活を総合的に支援し、その支援の力を水戸から全国に発信し、大きな支援の波として広く認知して頂くことを目標に開催、続いて第4回目は、水戸市を中心とした地域振興を視野に入れ、新しい特産品として地域に愛される「オリジナル銘菓」を創作して行く活動として「チョコレート・スイーツレシピ・コンテスト」を加えました。  そして、第5回目となる開催は、更に多くの皆さまにチョコレートの奥深い世界にもっと触れて頂くことを目的にチョコレート工芸体験や世界的なプロ職人のチョコ細工展示等を企画しております。

第5回MITO世界チョコレートフェスティバル 実行委員長
 中川 純一
 
中川純一
Copyright Since 2013 wcf-mito All rights reserved.